第1回東白楽商店会春の文化祭ページへ戻る

東白楽商店会トップページへ戻る

■きっかけ

 私は東白楽商店会サイト管理人の箕輪裕也と申します。

 東白楽の片隅で小さなマッサージ店を経営しております。

 つい最近大学生だった頃の文化祭が非常に楽しかったのを思い返していた

のですが、この街を使って文化祭でも始めたら楽しいんじゃないかな?と思い

かなり急ではありますがこのようなイベントを企画した次第であります。

 楽しいことはやるべきであり、そこには理由などないのです。

 最初は小さい成功がちょこちょこ出れば良いなと思います。

 

■企画の持ち込み歓迎!そして町興しへ。

 また町興しには「若者、馬鹿者、よそ者」が必要だとされています。

 管理人が想像もできないような企画の持ち込みを期待しています。

 ある程度しっかりとした計画があれば、集客ができないなど通常のイベント

 では失敗とみなされるものでも私はさほど気にしません。

 うまくいかなかったことも積み重ねの1つなので構いません。

 色々チャレンジしたい方は応援したいと考えております。

 じゃんじゃんお気軽にご連絡下さい。 やりたいことはやるべきなのです。

 

■自由に楽しめる文化祭に。

 自由に羽ばたく鳥のように各自楽しんでくれればそれで良いと考えています。

 集客よりもまずは参加者が楽しめなくては始まらないのではないでしょうか。

 ただし全員が大きく翼を広げたらぶつかり合い落下していくでしょう。

 周囲を良く観察し、自分がどのように翼を広げ自由であるべきかを考慮し、

 最終的には東白楽を中心にみんなで楽しむにはどうするべきか答えが

 出せれば良いと思います。

 

 それでは2018年3月1日〜15日の間に何かやりたい方はお早めに

 ご連絡下さい。楽しみにお待ちしております。

 

2017年12月2日 

東白楽商店会サイト管理人 箕輪裕也